FC2ブログ

Flight171 FUJINARI RYO ~お気に入りの音楽が聞こえてくるフォト~



Flight #099

fl099
Minolta XE
AUTO W.ROKKOR-SG 1:3.5 28mm

もはや立ち入りができないようになっている高架下の公園
ひっそりとした空間



xe

~minolta XEとAUTO W.ROKKOR-SG 1:3.5 28mmの話~

ミノルタの古いレンズ(ジャンク扱い)をお店で発見した。
一眼レフ用のミノルタのレンズはAUTO-MC-MD-NMDと進化してきたから、このAUTOで始まるレンズはかなり古いものだ。
箱と角型フードが付いていて、箱にはfor SR-7(1962) SR-1(1959)とある。
大きめの金属フード(D70KA)とφ67のとても大きなフィルター径、オール金属製のつくりがとても良かった。
レンズは古いものであるにもかかわらず、カビはもちろん曇りもなく綺麗。
前オーナーに大事にされていたものだと思う。
それで購入することにした。
その後調べてみると、このAUTO W.ROKKOR-SG 1:3.5 28mmは1963年(昭和38年)発売。
SGの文字が示すのは、このレンズが7群7枚構成であること。
その後の28mmはフィルター径が55mmにコンパクトになっていて、この大きな前玉は28mmではこれ限りであった(普通に見ると20mmクラスのよう)。そのころにはフードも丸型だったと思われる。
ややヘリコイドのグリス抜けが感じられるが、そのままにして使ってみようと思った。
さて、でもミノルタのカメラは持っていない(苦笑)。
それで、探してみることに・・・。
ちょうど良く見つかったのはXE(1974)ブラック。やはりジャンク扱いだった。
このカメラは絞り優先AEで、AEがちゃんと機能していればスナップにはちょうどいいだろう。
ちなみにAUTOレンズとは世代が異なるため、レンズ側の絞り込みレバーを使用しての絞り込み測光となる。
それで、AEを使った撮影手順はこんな感じ。
構図決定、ピント調整→レンズ絞り込み→メーターが変化(シャッタースピード変化)→そのままでシャッターを切る
ジャンク扱いのこのカメラ、たぶん何か不具合があるかな・・・と予感したけれど、電池なしの状態では特に異常、不備はなし。
電池を入れてみると、メーターもそれなりに触れている。
それで購入。
その後、詳細にテストしてみると、AE時の不具合を発見。調べてみたらAUTO不良と呼ぶこの機種につきものの不具合らしい。それからプリズム腐食もつきものの不具合らしいのだけれど、これはOKだった。
というわけで、該当不具合の修理をやることに。
これは簡単な分解・清掃で機能復帰を果たしたのでした。

さて、このカメラとレンズのフォルム、とてもカメラらしく気に入っている。

テーマ:お気に入りの音楽が聞こえてくるフォト - ジャンル:写真

  1. 2010/06/27(日) 15:17:19|
  2. flight
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

FUJINARI RYO

Author:FUJINARI RYO
タイトルは気持ちが良い響きと願いから
Twitter
@FUJINARI_RYO

ランキング投票

気に入ってくれたらクリックお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ
ランキングに参加しています

リンク 花写真サニーサイドアップ

花写真サニーサイドアップへ 花写真をメインで撮っています

リンク blackbird,flyな日

blackbird,flyな日へ トイカメラbbfでも撮っています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

flight (1608)
未分類 (5)